2021/09/25
ストラッシュ

ストラッシュの解約方法まとめ|解約手数料や返金保証・期限・延長について解説

ストラッシュで契約しようと考えているけど途中で辞められるのか、きちんと返金されるのか不安な人もいるはず。

ストラッシュに満足できない点があって解約したい人も、突然の引っ越しや妊娠など事情があって解約しないといけない人も、ストラッシュは安心して解約することができます。

理由は、ストラッシュでは無理な勧誘や引き止めがなく、解約も返金の手続きも店舗へ行き書類を記入するだけなので簡単だからです。

この記事では、解約や返金の際に必要なもの、脱毛を行った回数やプランによって返金される保証期間があるので詳しくご紹介します。

クーリングオフもできるので、解約したい人も今から契約しようと考えている人も参考にしてみてください。

ストラッシュは中途解約できる!解約方法をご紹介

ストラッシュ

ストラッシュは中途解約ができます
解約するためには、電話で予約を取り、サロンへ行って書類に記入するだけなので簡単に手続きができます。

ストラッシュの解約を悩んでいる人の中には「すぐに解約できるのかな」「スタッフと会うのが気まずいな」など、不安な人もいるかもしれません。
ですが、ストラッシュでは無理な勧誘や引き止めなどは無く、もし解約する理由を聞かれた時は素直に伝えても構いません。
中途解約は誰でもできるので安心して下さい。

では、解約を考えている人、また契約する前に解約方法を知っておきたい人へ解約方法や必要なものを解説します。

1.コールセンターかサロンに電話し予約を取る

まず、コールセンターかサロンへ電話し、解約手続きをするための予約を取りましょう。
ストラッシュには、コールセンターと店舗の2つに電話をかけることができるので、店舗に電話をかけても混雑時は対応してもらえない場合もあります。

一度、店舗へかけて繋がらなかった時はコールセンターに電話をすることができるので、予約を取るのは簡単です。
初めからコールセンターへ電話することも可能で、コールセンターの方がスムーズに対応してくれるのでおすすめです。

ストラッシュコールセンター
受付時間 11:00〜20:00
電話番号 0120-961-678

2.予約日にサロンへ!解約、返金手続きに必要なものは3つ

予約日がきたらサロンへ行きますが、解約と返金の手続きには必要なものが3つあります。

  • 身分証
  • 印鑑
  • 口座情報が分かる通帳やカード(現金、ローン払いの人)
  • クレジットカード(クレジット払いの人)

身分証、印鑑、口座情報が分かる通帳やカード、この3つがあれば解約と返金の手続きができます。
もしクレジット払いにしていた場合、クレジットカードも必要なので注意してください。
忘れると解約や返金がその日にできない場合があるので、きちんと忘れずに持っていきましょう。

サロンでは、書類への記入だけで解約・返金手続きができ、スタッフも淡々と進めてくれます。
解約後や返金について、わからないことがあったら直接聞いておくと安心ですよ。

3.約1~2週間で口座に返金される!

返金は解約手続きをしてから1〜2週間で口座に返金されます。
きちんと口座に振り込まれているか確認することが大切なので、確認を忘れないようにしてください。
クレジットカードの場合だと、2〜3ヶ月かかります。
時間がかかってしまうので不安になるかも知れませんが、3ヶ月まで待ちましょう。
クレジットカードの場合でも、きちんと確認しておきましょう。

返金には解約手数料がかかる!保証期間切れに気を付けて

ストラッシュで解約する際には解約手数料がかかります。
解約手数料は、無制限プランとパックプランを契約している場合のみで、月額制と都度払いの人は解約手数料はかかりません。

返金にかかる手数料は、返金額の10%と決まっており上限が20,000円となっているので、それ以上高額になることはないので安心してください。
それぞれの残りの回数などで計算方法も変わってくるので順番にご紹介していきます。

回数によって返金保証期間が変わる

まず、返金をしてもらうには保証期間内であることが前提となってきます。
下記にまとめていきますので、自分が保証期間ないであるかチェックしてみましょう。

返金される無制限プランとパックプランには解約するまでの期間が決められていて、それを返金保証といいます。
実はこの返金保証の期間を過ぎてしまうと、返金されないので注意が必要です。

契約プラン 返金保証期間
パックプラン:6回 10ヶ月
パックプラン:12回 1年
パックプラン:18回 2年
無制限プラン 6回目まで
月額制/都度払い 返金なし

無制限プランかパックプランを契約している人なら、解約するなら返金される方がいいですよね。

返金保証はパックプランの6回・12回・18回、無制限プランによって違うので、間違えないように気を付けてください。

今、解約を考えている人は早めに解約を申し込むことで、返金額も変わってくることを覚えておきましょう。

ストラッシュは無制限プラン・パックプランのみ返金される!返金額の計算方法

ストラッシュでは「月額制」「都度払い」「パックプラン」「無制限プラン」があり、その中で返金されるのはパックプランと無制限プランのみです。

月額制と都度払いは解約はできますが、契約の際にローンを組む必要がないプランとなっているので返金はありません。

さらに、パックプランと無制限プランは返金の際に解約手数料発生しますが、月額制と都度払いは解約手数料が発生しません。

解約手数料は、返金額の10%で上限が20,000円と決められており、20,000円以上になる場合は20,000円の手数料を支払うことになります。
そのため、返金額を知ることであなたが支払う解約手数料がわかります。
解約手数料の計算方法と返金額の計算方法は以下のとおりです。

・解約手数料の計算方法

解約手数料 返金額✕10%(上限20,000円)

・返金額の計算方法

回数プラン (残った回数分の金額)−(解約手数料)
無制限プラン (総額を6で割った金額)✕(残り回数)

返金額や解約手数料が気になる人は、自分の契約内容を当てはめてみてはいかがでしょう。
よくわからない人も無制限プランとパックプランの返金額シュミレーションをご紹介するので参考にしてください。

パックプランは残った回数から返金される!

パックプランの返金額は残った回数によって変わります。
ただ、回数によって返金保証期間があり、回数ごとにちがうのできちんと確認しましょう。

もし返金保証期間を過ぎてしまった場合、解約は出来ますが返金は対象外となってしまうため注意が必要です。
期限切れはどうしようもできないので、諦めて解約するか最後までストラッシュの脱毛を受けましょう。

パックプランは通常料金より安く脱毛を受けることができるお得なプランです。
契約する際は、返金保証期限を確認し契約すると、残念な結果にならないので確認しておくといいでしょう。

無制限プランは総額を6で割った金額と残り回数から返金額がわかります。
無制限プランもパックプランと同様、返金保証期間があります。
ただ、無制限プランの返済保証期間は現時点での脱毛を受けた回数が6回目までと回数が保証期間となっているので注意しましょう。
それでは、返金額のシュミレーションを無制限プランとパックプランを回数別にご紹介いたします。

返金額シュミレーション:無制限プランの場合

例:無制限プランを契約→2回施術を受けて解約する
返金額→271,188円
406,780円(無制限プラン総額)÷6=67,797円(1回の料金)
67,797円×4回(返金保証期間)=271,188円
解約手数料→20,000円
271,188円×10%=27,119円=20,000円
(解約手数料の上限20,000円を超えたため、20,000円)
実際に返金される金額→251,188円
271,188円(返金額)-20,000円(解約手数料)=251,188円

※すべて税込となっています。
※小数点以下は切り捨てて計算しています。

返金額シュミレーション:回数パックプランの場合(回数別)

例:パックプラン6回を契約→3回施術を受けて解約する
返金額→52,668円
105,336円(6回プラン総額)÷6=17,556円(1回の料金)
17,556円×3回(残り回数)=52,668円
解約手数料→5,267円
52,668円×10%=5,267円
実際に返金される金額→47,401円
52,668円(返金額)-5,267円(解約手数料)=47,401円
例:パックプラン12回を契約→8回施術を受けて解約する
返金額→99,992円
199,980円(12回プラン総額)÷8=24,998円(1回の料金)
24,998円×4回(残り回数)=99,992円
解約手数料→9,999円
99,992円×10%=9,999円
実際に返金される金額→89,993円
99,992円(返金額)-9,999円(解約手数料)=89,993円
例:パックプラン18回を契約→12回施術を受けて解約する
返金額→96,228円
288,684円(18回プラン総額)÷18=16,038円(1回の料金)
16,038円×6回(残り回数)=96,228円
解約手数料→9,623円
96,228円×10%=9,623円
実際に返金される金額→86,605円
96,228円(返金額)-9,623円(解約手数料)=86,605円

※すべて税込となっています。
※小数点以下は切り捨てて計算しています。

返金されてない!その時は店舗へ連絡

もし解約・返金の手続きを行っていても返金されていない場合は、サロンへ連絡しましょう!
口座番号の書き間違えなどのトラブルが起きている場合もあるので、解約手続きをしたサロンかストラッシュのコールセンターへ問い合わせてください。
返金がない場合に連絡する目安は、現金・ローンの場合は2週間、クレジットカードの場合は3ヶ月です。

「月額制」「都度払い」は月々払いなので返金の必要がない

月額制と都度払いは返金されません。
返金されない理由は、月額制と都度払いは月々で支払いをするため、返金の必要がないからです。
都度払いは来店ごとに支払う方法で通うほど安くなり、月額制は分割ローンを組まずに通えるプランになります。
なので、解約したい時に解約でき、解約手数料も必要ないのが月額制と都度払いのメリットです。
返金の手続きも必要ないので、無制限プランとパックプランで契約している人より簡単に解約できます。

月額制の人は注意!辞めたい1ヶ月前に連絡をする

月額制の人は、なるべく1ヶ月前に解約することをサロンへ連絡するようにしましょう。
月額制は解約したい時に解約できることがメリットですが、解約の連絡が遅れてしまうと引き落としに間に合わず、1ヶ月分支払わなければいけないことがあります。
やめたいと思った時に連絡するのが一番ですが、早めに連絡をすることが重要です。

ストラッシュはクーリングオフできる!条件をチェック

ストラッシュではクーリングオフが可能ですが、対象外のプランと条件があるのでチェックしてみましょう。

まずクーリングオフとは、冷静に判断できないまま契約した場合や、一定の期間であれば無条件で契約解除できるものです。

初めて脱毛を考えている人は、その場の流れで高額な料金のプランを契約してしまったなんてこともあり得るので、クーリングオフができるストラッシュは安心して契約できます。

ただ、クーリングオフができるのには3つの条件があります。

・契約から8日以内
・契約内容が1ヶ月以上のものである
・契約金が50,000円以上である

この3つの条件に当てはまれば、クーリングオフができ、全額返金されるので安心してください。

ストラッシュでクーリングオフの対象となっているのは「無制限プラン」と「パックプラン」のみです。
月額制と都度払いは対象外になるので注意してください。

ストラッシュのクーリングオフの方法

ストラッシュでのクーリングオフの方法はシンプルで、ハガキがあればすぐできます!
必要な情報を記入したハガキを送付するだけなのでサロンへの来店も必要ありません。

・契約解除通知書の書き方

・タイトルとして「契約解除通知書」と一番上に記入
・本社所在地
・会社名
・代表者氏名
・契約日
・契約店舗名
・契約金額

・契約解除しますという文章を一文
例:貴社〇〇店との間で締結したエステティックサービス契約について、特定商取引に関する法律第48条に基づき契約を解除します。
つきましては、支払い済みの〇〇円を下記の銀行口座に振り込んでください。

・自分の氏名、住所
・振込口座の情報

・ストラッシュの東京本社情報

会社名 株式会社インターレイズ
本社所在地 〒108-0023 東京都港区芝浦2-14-18 サカイビル 4F 5F
代表取締役 柴田 結花

上記をハガキに記入し、郵便局で記録が残る特定記録や簡易書留を送るだけでクーリングオフが完了します。

必ず記録が残るようにすることが大切なので、念の為にコピーを取って自分でも保管するようにした方が安心です。

契約解除通知書は東京の本社へ届いた後、ストラッシュでカウンセリングを担当したスタッフから連絡が来たらクーリングオフができたということになります。

クレジットカードで契約をした場合は、クレジット会社にも契約解除通知書を送らなければなりません。

・クレジット会社への解約通知書の書き方

・タイトルとして「通知書」と一番上に記入
・契約解除しますという文章を一文
例:次の契約を解除します
・契約年月日
・契約プラン
・契約金額
・会社名
・店舗名
・クレジット会社名
・記入日
・自分の氏名、住所

上記をハガキに記入し、こちらも記録が残る特定記録か簡易書留で送りましょう。
ストラッシュへ送る契約解除通知書と同様にコピーを取って保管しておくのがおすすめです。

ストラッシュの解約・返金についてよくある質問

ストラッシュで解約・返金について詳しく説明しましたが、よくある質問をご紹介します。
まだ疑問に思ったことなどがある場合でもよくある質問の回答をご紹介するので、解約・返金についての悩みを解決しましょう。

解約手数料はどれくらいかかるの?

解約手数料は返金額の10%となり、上限が20,000円と決められているのでそれ以上にはなりません
高額な契約金で心配な人も、上限が決められているので安心して解約できます。
そして、解約手数料がかかるのは「無制限プラン」と「パックプラン」のみが対象となります。
月額制と都度払いは解約手数料は発生しません。

解約する時は電話だけでもいいの?

解約する際は、サロンへの来店が原則となっており、来店の必要がないのはクーリングオフだけです。
ストラッシュで解約するためには書類の記入をする必要があるため来店が必要不可欠となっています。
ですが、解約手続きを行うための予約は電話で行なえます
解約したいと思った時は、サロンかコールセンターへ電話し来店日時を決め、サロンで30分程度の解約手続きを済ませると解約完了です。
無理な勧誘や引き止めはありませんので、安心して解約手続きを行えるので安心してください。

ローンやクレジットカードでも返金されるの?

ローンやクレジットカードで支払いをしていた場合でも返金対象となるので安心です。
ですが、現金と同じように解約手数料が発生します。
また、現金とローンの返金は1〜2週間ですが、クレジットカードは2〜3ヶ月程度になります。
返金されたかどうか確認することが大切ですので、返金目安の期間が過ぎたら、指定の口座を必ず確認するようにしましょう。
万が一、返金されていない場合はなにかしらのトラブルが合った可能性があるので、サロンへ問い合わせてください

解約後の再契約はできるの?

ストラッシュで一度解約したけど再契約したい、そんな時でも契約することは可能です。
もちろん同じ店舗で契約することもできますが、キャンペーンなどの割引は初回契約の際にしか使うことができないので注意しましょう。
ただ、違う店舗だと同じキャンペーンでも新規として使うことができる可能性があるので、再契約でお得にストラッシュで契約をしたい人は、通ってた店舗ではなく、違う店舗へ通うことも検討してみるのがおすすめです。

ストラッシュの解約方法は簡単!解約後に再契約したい時でも安心

ストラッシュでの解約方法は簡単で、再契約の際もお得なキャンペーンを使えます。
サロンへの来店が必要になりますが、書類記入だけなので30分程度でスタッフも淡々とこなしてくれるのですぐに終わります。
必要なものは3つだけですが、スムーズに解約したいなら絶対に忘れないようにしましょう。

返金は、契約金額や残りの金額がすべて返金されるわけではなく、さらに保証期間を過ぎてしまうと返金自体できなくなるリスクも存在します。
ストラッシュで解約する場合は、返金保証期間、解約手数料なども注意しましょう

引っ越しや妊娠などの「やむない事情」なら仕方がないですが、基本的には返金されるとしても解約することは損をしてしまうことがほとんどなので、ストラッシュで契約・解約する際はしっかり考えてくださいね。


関連記事

ストラッシュの支払い方法は4種類|月額制・回数パック・通い放題、それぞれの支払い方法や引き落とし日、分割払いのローンについて解説

ストラッシュの脱毛効果について解説|どれくらい通えばいいの?

ストラッシュのシェービングについて調査!料金がかかる場合や剃り残し無料の対応部位・VIOなど部位別の自己処理の注意点も解説

ストラッシュは永久脱毛ではない|料金プランや効果・医療脱毛との違いについても解説

STLASSH(ストラッシュ)は未成年でも契約できる|料金や学割・支払い方法・事前に準備するものについて解説

ストラッシュの口コミ・評価はまとめ|効果や料金・予約の取りやすさなど多数の口コミを調査!評判悪いってホント?