2021/10/19
ミュゼプラチナム

ミュゼの生理中の対応|当日に生理がきた場合やキャンセル料・キャンセル連絡の方法について解説

脱毛サロン「ミュゼプラチナム」に興味があるけど、生理中の対応はどうなってるの?

予約をキャンセルしたらペナルティはあるの?生理中って脱毛しても効果はあるの?などそんな疑問についてお答えしています。

生理が予約日に重なってしまい、スムーズに脱毛が進まなかったり、キャンセル料がかさんでしまうのは避けたいですよね。

この記事では、生理中のミュゼの対応について詳しくご紹介しています。

ミュゼは生理中でも脱毛できる!

ミュゼでは、生理中でも脱毛が可能です。

ただし、VIOとヒップの施術はできません。

以下は、生理中には施術できない部位です。

  • Vライン
  • Iライン
  • Oライン
  • ヒップ
  • トライアングル上下

「ショーツを履いたときに隠れる場所」と覚えればわかりやすいかもしれませんね。

上記の部位以外であれば、生理中でも問題なく施術することができます。

生理中に脱毛できない部位は後日振替できる!

しかも、予約当日に生理が重なり、施術できない分のVIOとヒップの脱毛は後日に振替できます

なので、ヒップとVIOだけ脱毛が遅れてしまったり、脱毛料金が無駄になることはありません。

ただし契約内容にVIOやヒップが含まれていて、生理中に脱毛する場合は、事前に「お手入れ箇所の変更」をしておく必要があります。

予約時間前にサロンに電話して、「生理中なのでVIOとヒップ以外を脱毛したい」と伝えてくださいね。

ミュゼ予約専用ダイヤル:0570-007830

生理中に脱毛が出来ない場所が含まれるミュゼの脱毛プランごとに、その対応をまとめてみましょう。

両ワキ+Vライン脱毛 脇だけ脱毛ができる
Vライン脱毛 脱毛できない
ハイジーナ7VIO脱毛 脱毛できない
全身脱毛バリュー デリケート部分以外の脱毛が可能
後日デリケート部分を振り替えることが可能
全身脱毛ライト デリケート部分以外の脱毛が可能
後日デリケート部分を振り替えることが可能
全身脱毛 デリケート部分以外の脱毛が可能
後日デリケート部分を振り替えることが可能

ご覧のように、プランの中の1部分しかできない場合もあれば、後日振り替えることもできます。ご利用のプランによって異なりますので、あらかじめスタッフに確認しておくと良いでしょう。

予約と生理が被ったらキャンセルしなければいけない?

驚く女性
ミュゼは生理中でもプランによっては、お手入れができます。

VIOのデリケートゾーン以外の脱毛は受けられるので、脱毛当日に生理が被ってしまってもキャンセルしなくて大丈夫!

ミュゼは当日キャンセルでもペナルティなし

ミュゼでは、当日に急遽キャンセルしたとしても、ペナルティはありません。

他のサロンでは1回分消化になったり、キャンセル料が発生したりすることが多いのですが、ミュゼではそのどちらもなし!

ただし、万が一解約することになったときは、当日キャンセルした分は返金対象とならない決まりです。

解約することがない限りは、当日キャンセルのペナルティについてはあまり気にしなくてもOK。

生理中に体調が悪くなりやすい方、生理不順でなかなかスケジュールが定まらない方には、とても通いやすい配慮ですよね。

しかし、お店側に迷惑がかかるのでキャンセルしなければならないと分かった時点で、すぐに連絡をいれてくださいね!

キャンセル期限は24時間前

ミュゼのキャンセル期限は、予約時間の24時間までです。

この時間を過ぎると、当日キャンセル扱い(返金対象外)となってしまいます。

当日キャンセルになったとしてもペナルティはないのですが、なるべくなら24時間前までには連絡しておくようにしましょう!

当日生理がきてしまった場合の対処法は?

もし予約当日に生理になった場合は、契約プランによって違った対応をしなければなりません。

  • VIO・ヒップが含まれている→VIOとヒップ以外は受けるかキャンセルする
  • VIO・ヒップが含まれていない→そのまま受けるか大事をとってキャンセルする

例えば生理と一切関係のない、ワキや足のみのプランなのであればそのまま行うこともできますし、お肌のトラブルを避けるために予約変更をするのも良いでしょう。

しかしもし生理になるとできないパーツがプランに含まれているのであれば、できない部位以外のみの施術をしてもらうか、後日できなかったパーツの振り替えをお願いする必要があります。

生理痛の薬を飲んでいたらNG

生理痛を抑えるために痛み止めを服用する人もいるでしょう。

生理中にミュゼでお手入れを受ける場合は、薬を飲んでいたらお手入れが受けられないため注意が必要です。

痛み止めの薬を服用していると、肌が敏感になりトラブルが起きやすくなるので、必ず守りましょう。

生理の時に脱毛を受ける時は、痛み止めを飲まずに来店してくださいね!

生理の終わりかけでもデリケートゾーンは施術NG!

生理の終わりかけであれば出血ももうほとんどありませんし「タンポンを使用していればバレないのでは?」と思われる方もいるかもしれません。

しかしほとんどの場合はバレると考えて良いでしょう。

スタッフは多数のお手入れを担当している脱毛のプロ。生理中にVIOやヒップのお手入れをするようなことがあればすぐに気づくはずです。

IラインやOラインの施術であればタンポンの紐が見つかることもあるかと思います。

このように生理であるにも関わらず申告せずに施術を受けた場合、施術の担当者にもよりますが脱毛は中止されるケースもあります。

またミュゼで生理中にできない場所があるのは、衛生面を考慮しての対応です。

自分のことはもちろんですが、スタッフさんや他のお客さんの健康を守るためでもありますので、生理を隠してお手入れを受けるのは控えてくださいね。

生理中の脱毛効果は変わる?

生理のときでも、ミュゼではVIOとヒップ以外は施術できますし、脱毛効果もいつもと変わらず実感できるはずです。

ただし、生理中はお肌の調子がいつもと変化するので注意が必要です。
女性はホルモンバランスによって体調に変動をきたすものですが、お肌の状態はそれが顕著に表れます。そのため生理中脱毛を行うとお肌のトラブルになる可能性が高くなるのです。

  • いつもより痛みを強く感じる
  • 赤みが出やすくなる
  • 脱毛後に乾燥しやすくなる
  • 発疹が出る
  • 火傷しやすくなる

など、普段のお手入れなら大丈夫でも、生理中は肌トラブルが起きやすくなります。

お肌のトラブルを避けたいのであれば、生理中の脱毛はおすすめできません。

このようなトラブルを避けるためには、生理終了から1週間ほど空けると良いでしょう。
これくらいの余裕を持って施術を行えば、生理が原因のお肌のトラブルはほぼ起きません。

ミュゼは生理不順の方でもおすすめのサロン!

ミュゼは、万が一急にキャンセルしなければならない状況になったとしても、ペナルティがないサロン。

1回分の消化やキャンセル料などが発生してしまうことの多い当日キャンセルでも、ミュゼは柔軟に対応してくれます。

追加料金がかからないので予約の変更やキャンセルがしやすく、忙しい方や生理不順でスケジュールに変更が出やすい方でも安心です。

予約当日に生理がきてしまったり、体調が悪くなったりした場合は、まずはサロンに電話してみてください。
お手入れパーツの変更や予約変更の案内をしてもらえるので、必ず連絡は入れるようにしましょう。

ミュゼでは毎月破格のキャンペーンを開催しているので、脱毛初心者さんでも気軽に脱毛体験ができますよ!

ぜひ一度無料カウンセリングへ行ってみてくださいね。

関連記事

ミュゼプラチナムの料金に関する口コミを調査|料金のわからない原因や仕組みについても解説

ミュゼのワキ脱毛の効果や口コミ評判・料金を調査|脇脱毛の完了までの回数や期間・間隔も紹介

ミュゼの当日キャンセルはペナルティ・キャンセル料なしで安心|キャンセルの仕方や期限・注意点について解説

ミュゼの契約期間の満了は3年!有効期限が過ぎたどうなる?解約時の返金についても解説!

ミュゼプラチナムのお腹脱毛について解説|料金プランや効果・範囲・回数・口コミも紹介

ミュゼのハイジニーナ(VIO)脱毛コースの回数プランや通い放題の料金を徹底調査|効果や時間・間隔や事前処理方法も紹介

ミュゼのIライン脱毛|抜けないって本当?脱毛範囲や料金・効果・回数・痛みについても調査!

ミュゼの全身脱毛の口コミ・評判を調査|料金や予約・脱毛期間・回数についても解説

ミュゼの安い理由を調査|100円脱毛キャンペーンのからくりや効果を徹底解説!安すぎて怖い、怪しいと思う人必見!

ミュゼの無料カウンセリングは何をする?予約方法や持ち物、当日契約しない場合についても解説